お問い合わせ:
info@deiso.co.jp.
電話番号:03-5403-6479(日本語)
電話番号: +1-361-298-0005 (英語)
FAX:0488-72-6373
営業時間:

月曜〜金曜9:00〜17:30 JST
日本の祝日を除く。
戻る

廃棄物管理の 2 つの流れをナビゲートする: 上流と下流の視点

上流廃棄物と下流廃棄物: 影響と処理の理解

廃棄物管理における上流および下流の廃棄物

私たちが購入して廃棄する日用品は、製品のライフサイクル内で発生する廃棄物全体のほんの一部にすぎません。私たちの消費パターンが環境に与える影響を十分に評価するには、上流と下流の廃棄物の概念に注目する必要があります。

上流の廃棄物: 製造のフットプリント

上流廃棄物とは、製品の生産および製造段階で発生するすべての廃棄物を指します。これも:

  • 資源採掘廃棄物: 原材料の採掘、収穫、抽出の副産物。
  • 製造廃棄物: 製造工程で発生する廃材、不良品、化学廃棄物、過剰な梱包材。
  • 輸送廃棄物: 原材料を工場に輸送し、最終製品を消費者に輸送する際の排出量。

上流の廃棄物は産業サプライチェーン内で発生することが多く、平均的な消費者の目に触れにくくなっています。しかし、それには多大な環境コストがかかります。資源採掘は生態系を悪化させ、製造プロセスは汚染物質を放出し、輸送は気候変動に寄与する可能性があります。

下流の廃棄物: 消費者側

下流廃棄物には、消費者が製品を使用した後に製品に起こるあらゆるものが含まれます。これも:

  • 製品の廃棄: 埋め立て地または焼却炉に捨てられる物質。
  • 包装廃棄物: 廃棄された容器、箱、ラップ。
  • 有害廃棄物: バッテリー、電子機器、清掃用品などのアイテムは特別な廃棄が必要です。

下流の廃棄物は、あふれたゴミ箱や都市の廃棄物処理場で容易に目視できます。これは、製品が寿命よりもすぐに使い捨てられるように設計されていることが多い消費社会で生きる上での課題を浮き彫りにしています。

両方の廃棄物の流れの重要性

上流と下流の廃棄物は発生源が異なりますが、真剣な注意が必要です。上流の廃棄物は、製造プロセスにおける効率と持続可能性の向上の必要性を強調しています。下流の廃棄物は、責任ある消費習慣と廃棄物管理インフラの重要性を強調しています。

廃棄物はどのように処理されますか?

処理方法は廃棄物の種類によって異なります。

  • 埋め立て地 上流および下流の廃棄物の最も一般的な処理です。それでも、埋め立て地はメタンの排出に寄与し、地下水を汚染する可能性がある。
  • 焼却: 混合廃棄物としてよく使用される焼却はエネルギーを回収できますが、大気汚染も排出します。
  • リサイクル: 廃棄物を新しい製品に変換するプロセス。これにより、資源を節約し、埋立地への影響を軽減できます。
  • 堆肥化: 有機廃棄物を栄養豊富な肥料に分解し、埋め立て地から物質を転用します。
  • 有害廃棄物の処理: 有毒物質を中和または安全に処分するための特殊な方法。

解決策と進歩

上流と下流の両方の廃棄物に取り組むには、統合されたソリューションが必要です。

  • メーカー: リサイクルや再利用が容易な製品を設計し、梱包を最小限に抑え、材料を持続可能な方法で調達して上流の廃棄物を削減します。
  • 消費者: 意識的に購入を選択し、リサイクル可能または堆肥化可能な品目をサポートし、廃棄物を適切に処理することは、下流の問題を最小限に抑えるのに役立ちます。
  • 政策立案者: 持続可能な製造と廃棄物管理インフラへの投資を奨励する規制が不可欠です。

上流および下流の廃棄物の全範囲に対処することは、生産と消費に対するより持続可能で責任あるアプローチを構築するために極めて重要です。

この投稿を気に入っていただけた場合は、無料のニュースレターにご参加いただき、さらに価値のあるコンテンツをお楽しみください。今すぐ購読して、有益な記事、サービスの更新情報、ダウンロード可能なガイドなどを入手してください。 ここをクリック!

DEISO トレーニングをご覧ください: 持続可能性、ライフサイクルアセスメント (LCA)、LCA ソフトウェアとデータベース、GHG 会計、二酸化炭素排出量、環境製品宣言 (EPD) などに関する DEISO の最先端の認定トレーニングを詳しく学びます。 ここで当社の包括的なトレーニング ポートフォリオをご覧ください.

ja日本語

研修プログラム

年末の営業。

すべてのトレーニングプログラムを販売中!

最大 50% オフ