お問い合わせ:
info@deiso.co.jp.
電話番号:03-5403-6479(日本語)
電話番号: +1-361-298-0005 (英語)
FAX:0488-72-6373
営業時間:

月曜〜金曜9:00〜17:30 JST
日本の祝日を除く。
戻る

ブリーフィング:ライフサイクルコスト分析(LCCA)とは

目次

序章

購入、使用、保守、および廃棄の価格を含む製品の所有コスト全体を調べる典型的な手法は、ライフ サイクル コスト分析 (LCCA) であり、ライフ サイクル コスト (LCC) としても知られています。総所有コストを分析して、最も費用対効果の高い選択肢を見つけます。このアプローチは、製品の設計と操作、購入の選択、および商品とサービスの持続可能性評価に使用できます。

 

この記事の目的は、LCCA を紹介し、さまざまなシナリオでのその使用について説明することです。記事を紹介すると、LCCA が定義され、その要素が概説されます。次に、LCCA の利点と、製品の設計や購入の選択肢など、LCCA を頻繁に使用する方法について説明します。重要なアイデアの概要と、ビジネスと政策への影響については、記事の最後で説明します。

 

定義および説明

  1. 取得費用 - これらは、商品の購入に関連する費用で、購入価格、設置費用、およびセットアップに関連するその他の費用などです。
  2. 使用コスト – これらは、ランニング コスト、エネルギー コスト、定期的なメンテナンスに関連する費用など、製品の使用に関連する費用です。
  3. 廃棄費用 - これらは、廃棄料金やリサイクルまたは廃棄のための追加料金など、アイテムの処分に関連する費用です。
  4. 残存価値とは、耐用年数を過ぎた後の製品の期待価値を指します。

 

LCCAのメリット

製品またはサービスの総所有コストに関する LCCA の全体的な評価によって、より知識に基づいた意思決定プロセスが可能になります。購入を決定する際、この分析により、費用対効果の高い最適なソリューションが決定される場合があります。また、製品のデザインと機能を知らせることもできます。

 

以下は、LCCA の利点を簡潔に示しています。

  1. 費用対効果の向上 – 総所有コストを調査することにより、LCCA は製品の設計と運用を導き、購入を決定する際に最も費用対効果の高い選択肢を決定するのに役立ちます。
  2. 環境への影響の軽減 – 製品の総所有コストを調べることにより、LCCA はより環境に優しい選択肢を見つけ、製品の環境への影響を最小限に抑えるのに役立ちます。
  3. より良い意思決定 – LCCA は総所有コストの全体像を提供し、より多くの情報に基づいた選択を可能にします。

 

LCCA申請

製品設計、購入の選択、運用管理など、さまざまな状況で LCCA を適用することでメリットが得られます。

 

購入する

購入を決定する際、LCCA は商品またはサービスの総所有コストを評価する場合があります。これは、最良の経済的選択を見つけるのに役立ち、より多くの情報に基づいた意思決定を可能にします。

 

運用管理

製品またはサービスの生涯の総所有コストは、LCCA メソッドを使用して調べることができます。これにより、運用上の選択が行われ、コスト削減のオプションが見つかる可能性があります。

 

結論

この投稿では、ライフ サイクル コスト分析 (LCCA) の概要と、さまざまなシナリオでのその使用について説明しました。この記事では、LCCA の要素と、費用対効果の向上や意思決定の改善など、LCCA を適用する利点について説明しています。この記事では、製品設計、購入、および運用管理における LCCA の使用についても取り上げています。この記事は、重要なアイデアと、ビジネスと政府への影響を要約することで締めくくられています。

 

サイクルコスト分析(LCCA)研修

この投稿を気に入っていただけた場合は、無料のニュースレターにご参加いただき、さらに価値のあるコンテンツをお楽しみください。今すぐ購読して、有益な記事、サービスの更新情報、ダウンロード可能なガイドなどを入手してください。 ここをクリック!

DEISO トレーニングをご覧ください: 持続可能性、ライフサイクルアセスメント (LCA)、LCA ソフトウェアとデータベース、GHG 会計、二酸化炭素排出量、環境製品宣言 (EPD) などに関する DEISO の最先端の認定トレーニングを詳しく学びます。 ここで当社の包括的なトレーニング ポートフォリオをご覧ください.

ja日本語

研修プログラム

年末の営業。

すべてのトレーニングプログラムを販売中!

最大 50% オフ